食堂チャルカ

日々のごはんを綴ろうと思います

風が気持ちよかったとか、空が青かったとか
太陽の日差しが温かかったこととか
そんなことも一緒に書いていけたらと思う
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

秋の散歩で思うこと。

やっぱりシメはラーメンで


みんなで飲んでたら、相変わらず終電間際
雨降りなので自転車は置いていく
なんだかこれで解散って寂しいし、離れたくないって感じで

『ラーメン行こう!』が,
『じゃあ国立のうちに行こう!』になった
雨降る国立を歩いても、やっぱりそんな時間じゃラーメン屋はやってない


途中たこ焼きと、スーパーでラーメンとチャーシューとワインを買った
それと朝の牛乳も

ブランケットかぶって、ストーブにあたりながらすするラーメンは
ホントに美味かった!
鼻をならしながら、ラーメンを食べる音はリアルで
なんだかそんなことも愛おしい


寝不足の頭で作ったチャイも美味しいすぎて、
自分でもびっくりした
ダラダラと窓から入るまっすぐな光にあたりながら、誰かと朝を迎えるなんて
なんて素敵なんだろうと思う

住み慣れた街も、歩きなれた道も誰かと一緒なら
新鮮でゆっくりと歩く
自分の街が誇らしくて、自慢するように、ボクはいつもよりおしゃべりになる



新しくできた はらドーナッツを買って、
パッケージがカワイイ!と関心しながら
大学の中のベンチで日向ぼっこしながら、ドーナッツを食べる



1人よりも2人


誰かと『おいしい』を囲む幸せ
紅葉を見ながら、カラダ全部で太陽を浴びる気持ちよさ
秋を吸い込んでは、心地よくて、ただただ楽しくって



旅をしている友達が、『夢』についてブログで書いていた
『いま夢はなに?』って聞かれたら、けっこう出てくるかもって
それは夢というか、したいことだって

こんな場所で、こんな人たちと、こんなご飯を食べて、
笑顔が溢れる温かな時間の中で、日々を過ごしていきたいって

これが夢というなら、夢だなぁと


ボクも同じように思うんだ

自分の店を持ちたいとか、
こんな仕事がしたいとか、
世界中を旅をしたいとか


なんかそういうんじゃなくて、

当たり前の日々を

当たり前に、誰かと、ゆるやかに生きていきたいなぁと思うのです




- | comments(2) | trackbacks(0)

素敵な言葉。

22時過ぎ、へろへろ状態で名古屋から戻った
亜以ちゃんの結婚パーティだった

もうやっぱりと〜っても素敵なパーティだった!
温かくてやさしくて、とってもピースフル
笑顔いっぱいの楽しい時間だった

書きたいこといっぱいあるんだけど
今晩は神父さまが言ってた言葉を紹介するね

-----------------
FAMILYの頭文字は、

 Father
And
Mother
I
Love
You.
----------------

国立着いてヨレヨレのまま帰ってきて、
もうご飯も作る気力も体力もなーい!
と思ってなんか買って帰ろうかとも思ったけど
コンビニで買ったご飯なんか食べても
疲れたカラダには、なんの効力もない!と思い
冷凍ごはんがあったことを思い出し、濃いめの味噌汁を作って
ずずっとさっき食べた


湯冷めしそうだ
もう寝ようー。
- | comments(0) | trackbacks(0)

二日酔い。

相当二日酔い。
一日布団で寝ていた。。

昨日はパーティが終わった後に、「大入り乾杯」をしてさらっと飲むだけが
疲れちゃっていたので座ったもんだから、
ちょっと話もヒートし始めてそのまま日本酒まで飲んじゃったもんだから。
「ロレツ回ってないよ、大ちゃん笑」と間宮さんに言われて見送られ
夜中の1時に店を出て千鳥足で駅へ。
しみやんにも、「お金出してあげるからタクシーで帰りな!」って言われたけど
大丈夫だよ!とそのまま改札へ。

国立に着いてら、そのままトイレに駆け込み吐いた。
そのままフラフラのまま家路に着き、トイレでまた座りこんで
バタンと布団にもぐりこんだ。

疲れてたんでしょうかね
もうイベント、パーティと立て続けに続くと脳みそが飽和状態になってしまう
また来週もパーティなので頑張らなな〜

さっき、返却期限の過ぎた「恋する惑星」と「ロシアンドールズ」をTSUTAYAに帰しに行きがてら、風に当たりたくて散歩。
玄関のドアを開けた瞬間金木犀の香りがした。
お腹は空いてるようで空いてなくて、よくわかんなくて
ミルクプリンと温そうめんをセブンで買って、チンして食べた。

明日は買い物だー
お風呂入ろっと。
- | comments(0) | trackbacks(0)

さらら。




新宿へ行こうかと思ったけど、駅に向かう途中で億劫になって
駅前のスタバに入ったら なんかもういいやぁって思った 。

買い物とか色々しなきゃいけなかったけど
雨降りで風邪っぴきだから、なんかよくなっちゃった。

ヨガに行くのもやめた。


雨降りの昼間にウツウツと本を読むのは気持ちいい。
行き交う人は雨なのになんだか楽しそう。


鍋にしよう!って決めて

今日は常夜鍋と、冬瓜と青じその塩もみ。


味噌漬け豆腐の残り味噌で鍋ダレを作ったら、もうホント美味かった。
自分でびっくりした。

冬瓜のは高山なおみのおまけレシピから。

ちょっと塩味足りないかなぐらいだったけど
ゆず胡椒とごま油がいい感じで、おつまみにもいいね、これ!

なんかこう急に寒くなると、部屋を片付けてみたり、
丁寧にごはん作ってみたり
なんだか誰かと一緒に暮らしてるようなシャンとした気分になってくる。

これが秋の力か。


明日は珈琲屋巡り。
最近コーヒーが前よりもずっと好きになって、もうなんかすんげぇおもしろいのよ。
- | comments(0) | trackbacks(0)

ゆらゆらと待つのは、気持ちいい。



昨日写真美術館に行こうと思って、
今朝ネットで調べたら 休館日だった。

そっかぁ美術館月曜休みだもんなぁーー。


アボリジニーのやつも、調べたら終わってた。



最近、少しは外に出ようと思い始めました。
7月は、もういつも寝てました。


都心に出るのがずっと億劫で、


電車も乗りたくない!


なんて思っていたもんだけど


やっぱり、

『色んなものに触れたい』

衝動がすごいです。



髪切ってさっぱりしたので、気持ちよかです。



友人のカフェでタルトタタン食べたら
むちゃウマでした!

素敵だなぁー。



今日はセミの鳴き声をいっぱい聞きました。


もう8月なんだね。


ボクの中で色んな現実がまた、動きはじめた。
- | comments(0) | trackbacks(0)

その積み重ね。

友達の日記を見ていたら、自分がコメントしたものが出てきたから
そのまま転載しようと思う

***

昔は料理人になりたい、とずっと思っていたの

でも、今は誰かの作った料理で、
お客さんがその時間を幸せに感じてもらったり、
お客さんが自分のうちに帰って、自分の暮らしにその料理から何か持って帰ってもらえるように
スローライフがお店で終わらないように

「つなぐ」役目だと思って今の仕事をしている

どれだけいい料理を作っても、ちゃんとお客さんに届けないと
なにも伝えれない

今の自分の能力やこれまでの経験を考えても、
つなぐ役目としてぴったり来ている

オレは自分で料理もしたい
けど、もっとしたいのは料理を通して、豊かな世界を作りたい
ホントに大切なことに気づいてもらいたい
そう思ってます

その積み重ねが社会を変えると信じているの

***

その積み重ねかぁ〜
いやぁ自分の言葉になんか、感慨深くなってしまった笑

他人にはなんでも言うのね

大切なことはいつも自分の足元にあるんだね
- | comments(3) | trackbacks(0)

お月さん。

一皿630円のタイ料理を食べてきた
東京駅の高架下にあって、なんかいい雰囲気でねー
楽しかったし、美味しかったなぁ


昼間は曇ってたから、満月見えないのかなぁーって心配してたけど
駅からの帰り道、ちゃんとまん丸く出てたので
うれしかった

それだけでうれしくなれたことが、またうれしい



この前手紙を送った沖縄の友達から、さっきメールが来た

***

そら

まんまるお月さん、みた?!
上がりたてのお月さんすごかったぜぃ〜

今日うれしいことあった
ありがと○

***

なんだか今晩はぐっすり眠れそうだなぁ
- | comments(0) | trackbacks(0)

そんなにいいこともないのだけれど。

畑がお休みになった。

楽しみにしていたけども、
なにも考えずに、

ただただずーっと眠っていたかったから
お休みになって正直安心した。

残念だけどまた行けるからいいのだ。

というか、完全に寝坊して行かなかっただけなのだけど…。


脳みそが筋肉のようにガチガチになってしまっては、
アタマもココロもカラダも、

何も感じられない。

自分にしかない自分の感性を大事に生きていきたい。


いつでも楽しめる人でありたい。


三浦梅園が言っていた。

『枯れ木に花が咲くことよりも、
生きている木に花が咲く、そのあたり前の営みこそが奇跡なのだ』


そう。
毎日そんないいこともないのだけど、
その奇跡を感じていたい。

そしてそれを自分以外の誰かと共有できたら、きっと素敵だろうなぁ。




- | comments(0) | trackbacks(0)

ラプソディとラプソディのその後。

ホントにたくさんの人に観てほしい


大量生産、大量消費、大量廃棄がもたらしたのは
混沌として、誰もがどこかに魂を落としてしまったかのような
淋しく、心すり減るような社会


何が必要でなにが大切なのか
自分自身がちゃんと地に足をつけて、
本当に1つ1つの選択を迫られているように思います

この映画が、小さなきっかけになればうれしいです

========================
 「六ヶ所村ラプソディ」上映会開催!
 完成したばかりの「六ヶ所村通信no.4」も同時上映!
 中庭で最後のアースデーマーケットも開催☆
========================    
      
              @国分寺カフェスロー

日時:5月10日(土)

<1部>『六ヶ所村ラプソディ』上映
11:30開場  12:00〜
14:00〜15:00 鎌仲ひとみ監督トーク!

<2部>『六ヶ所村通信癸粥拆絮
15:30開場 16:00〜17:15 

<3部>『六ヶ所村ラプソディ』上映
17:45開場 18:00〜20:00
20:00交流会

場所:国分寺カフェスロー
料金:各回予約¥1500/当日¥1700 
   (ともに1ドリンク付)

ご予約:カフェスローまで
    TEL 042-314-2833
    MAIL cafeslow@h4.dion.ne.jp
    *各回定員50名です
    お早めにご予約ください


でっかい空と、大きな大地、きらきらとした豊かな海が広がる
青森のはしっこにある、小さくて美しい村、六ヶ所村
核燃料再処理施設は、まもなく本格稼動しようとしています

賛成でも反対でもなく、中立の立場から客観的に      
     
その核燃料再処理施設の側で生きる人々を追ったドキュメンタリー映画です

自主上映が全国で350回を越えているそうです!
まだご覧になっていない方は、この機会にぜひどうぞ!
http://www.rokkasho-rhapsody.com/

そして、2008年3月に完成したばかりの六ヶ所村ラプソディの
その後を追った「六ヶ所村通信no4」も同時上映いたします!

これは、2007年8月から2008年2月までの取材スケッチ。
六ヶ所村再処理工場や核燃料サイクル計画の事を知った人々が増えるにつれて、
さまざまなアクションが起きてきました。
サーファーたちは、六ヶ所村へ“WAVEMENT”というツアーをします。
その旅先で様々な出会いがうまれます。上映会も全国各地で広がっていきます。
「花とハーブの里」の菊川慶子さんは訪問客が増え、その対応に追われています。
十和田市で無農薬のお米を作ってきた苫米地ヤス子さんはこれからもお米をつく
り続けるか悩んでいました。その答えを求めて自然農実践者、川口由一さんに会いに出かけます。

食糧生産地、東北の漁業者とサーファーたちが再処理反対の署名を届ける一方、
電気の消費地東京では大きな集会が開かれます。それと呼応するように青森現地
でも動きが…人々がつながり、動き始めた現実にカメラもまた動かされてゆきます。<チラシより抜粋>

全国各地での小さなアクションが、確実に少しずつ大きなうねりになってきています

食べ物のこと、いのちのこと、そして私たちの暮らしのこと
どこか遠くの国の話ではなく、これは私たちの問題です

少し立ち止まって、考えてみませんか?

☆中庭で最後のアースデイマーケットも同時開催☆
久しぶりにカフェスローの中庭で、地域通貨も使えるアースデ
イマーケットを開催
とれたての新鮮なお野菜や加工品、手作りの品が並びます
今回はお餅付きもやりますよー!
カフェスローも美味しいごはんと、コーヒーをご用意してお待ちしています!
移転前最後の中庭マーケットです
みなさんで、ぜひ遊びにいらしてください!

- | comments(0) | trackbacks(0)

ごめん。

ごめん、身体

ごめん、自分

ありがとう、友


人の手のぬくもりに癒された

硬くなったカラダがすーっとほぐれた


治療のあとに食べた、なか卯のうどんがすごくやさしかった


食べ物の事も、手当てのことも
ちゃんと勉強しなきゃと思った


買い物行きそびれた
野菜がなにもなかったので、乾物乾物

さつま芋と切り干し大根の味噌汁(残り物)
ひじきと海苔のペンネ マスタード風味

なんか最近パスタしか食べたって書いてないけど、
そんな毎日食ってるわけじゃない

- | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Archives

Links

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Other