食堂チャルカ

日々のごはんを綴ろうと思います

風が気持ちよかったとか、空が青かったとか
太陽の日差しが温かかったこととか
そんなことも一緒に書いていけたらと思う
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ラプソディとラプソディのその後。 | top | お月さん。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

そんなにいいこともないのだけれど。

畑がお休みになった。

楽しみにしていたけども、
なにも考えずに、

ただただずーっと眠っていたかったから
お休みになって正直安心した。

残念だけどまた行けるからいいのだ。

というか、完全に寝坊して行かなかっただけなのだけど…。


脳みそが筋肉のようにガチガチになってしまっては、
アタマもココロもカラダも、

何も感じられない。

自分にしかない自分の感性を大事に生きていきたい。


いつでも楽しめる人でありたい。


三浦梅園が言っていた。

『枯れ木に花が咲くことよりも、
生きている木に花が咲く、そのあたり前の営みこそが奇跡なのだ』


そう。
毎日そんないいこともないのだけど、
その奇跡を感じていたい。

そしてそれを自分以外の誰かと共有できたら、きっと素敵だろうなぁ。




- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://charkha.jugem.jp/trackback/40
トラックバック

Profile

Archives

Links

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Comment

Other